読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

芯が折れませんでした(仮)

子育て中に体験した事やレビュー等を書いているBlogです。よろしくお願いします。

進級

親も子供も新しい出逢いがある4月。
価値観の違いに戸惑う事もしばしばです。
出逢って数日で「今度お宅に遊びに行かせてね!」と言われました。
ここで注意すべきは「子供だけ」なんですよ。
私は大して知らない親子を家に入れる程寛大な心は持っていないのです。
対価を払えば託児が当然という家庭って本当にあるんだなと思います。
そういう親は学童とか入れたら良いんじゃないかな。

あと、待ち合わせの時間に遅れても連絡なしの親子とかね。
親が毎日一緒に登下校しようと言ってくるから子供に伝えておいたけど一緒に帰れない日を黙ってて次の日に言われたりね。
わざと黙っててうちの子をキープに使ってるだけだろと思うでしょうやっぱり。
色々ありますね。
おわり。仕事ママ&育児ママの資格 チャイルドマインダー活用book

仕事ママ&育児ママの資格 チャイルドマインダー活用book



Aさんとその仲間たちの話

以前同じ子供とクラスだった子の母親(Aさん)とその仲間たちはたびたびクラス会やイベントなどの幹事をしていました。
「出かけるのが好きなのかな」程度に思っていたら回数や場所が年々エスカレート。ついに夜の飲み会を開催する様に。
しかも子連れ可やキッズメニューの記載はなく。子供は預ける事前提の模様…。

クラスのイベントだから、という事を家族への言い訳に使っているのかもしれないけどわざわざクラスを巻き込まず(クラスが別になってもお誘いはくる)仲間同士で行けばいいのに…。

先日はAさんとその仲間たちから子供向けのイベント(皆で力を合わせてクリアしていく遊び)のお誘いがきました。
既に参加に名乗りを上げているのはAさんとその仲間たちであることは別に構わない。

問題はAさんが「母親たちはきっと『あの子がミスしたせいで』ってなるけど、子供達が楽しめればいいよね」と仲間たちに話している事を聞いてしまった事。

ちなみにAさんの子は園で習い事をしているので得意分野です。
で、一緒に習い事をしている面子は誘わず元同じクラスだった人々に声をかけている時点で…あとはわかるな?
分からない場合はお察しください。

Aさんが「習い事をしている人たちには敢えて声はかけなかったのー」と言っていたのも聞こえてしまった。

Aさんの仲間は基本的にメンバー以外無視のヒソヒソコソコソタイプだけど、中にはメンバー以外にも挨拶をすることができるBさんがいる。
Bさんが「○○(私)さん参加する?」と話しかけてきたので話しながら歩いていたらAさんに遭遇。

私が「こんにちは」と言ったものの無視してBさんと話し始めるAさん。まあそれはいい。聞こえなかったのかもしれないから。

Bさんが「いま○○(私)さんも誘ってたんだよー」と朗らかに話しかけたら無視→別の話(でもそのイベントの話)の流れには驚いた。
ちなみに私はAさんに特別嫌われる程Aさんとコミュニケーションとっていない。

少し離れていたら急にAさんが私に「○○さん、メール届きました?」と聞いてきたので「届きました」と言ったらまた何も言わずBさんと会話再開。

とっさにどう返したらいいのかわからないよ。コミュ障なので。

とりあえず関わらない方が良いと心に決めておくけれど、被害者ヅラして芝居打つタイプらしいので(見た目は大人しそう&夫と喧嘩した時は泣いちゃう〜、とか言っていたので)絡まれたら全力で逃げたい所存。

でも、逃げちゃダメだああいうのを適当にあしらえる様になったら自身のスキルアップに繋がるかも、と余計なこと考えてる自分がいる。

自分の子が何をやってるかを見もしないで他人をチェックしてはヒソヒソ…。迂闊に子供を近づけない方が無難ですね。

まだ私は普通に「…面倒な連中だなあ」と思ってしまうのでいい加減スルーしたい。

ママ友のオキテ。


終わり。


休みの日には他人の会話が耳に入ってくるよね、という話

長いような短いような休みが終わり通常運転ですね。とりあえず試運転。
通りすがりに聞いた会話。
「約束の日の数日前に取りに行ったら『申し訳ありませんがまだできていません。お約束の日にできます』と言われたのよ‼︎急いでるから早めに取りに行ったのに‼︎」。本気で言っているらしいけどちょっと何を言っているのか。

となりのクレーマー―「苦情を言う人」との交渉術 (中公新書ラクレ)

今年もよろしくお願いします。

おわり。

てんやわんや

子供達が体調を崩し、親の自分たちもちょっとヤバイ感じもしますが私は元気です。
子育てって大変だなあと思うけど、なるべく「よしこれを過ぎれば私のスキルアップに繋がる」と思います。
結果はなかなか目に見えないけどせめて自信に繋げようと。
だからといって何でもかんでも押し付けられるのはゴメンですが。

この歳になって分かったことが一つ。
それはいまは地に足をつける生活をしているという事。
現実逃避して逃げても結局戻る場所はここなんだと。
だったら住みごごちや居心地を良くしたい。
現在の前提条件に文句つけても意味が無い。
要するに決められた環境の中で如何に工夫するかという事が、家族のいる生活を日々過ごす為に適しているんだと。
もう自分だけじゃなくて家族の事を考える人生に入ったんだ。
今までの人生のスキルという貯金を切り崩して「何ができるのか」を考えないといけない世代。
だから若い内から色々きちんとやっておくことが大切なんだね、と今更。

データで読む平成期の家族問題 四半世紀で昭和とどう変わったか (朝日選書)


おわり。



育児雑誌に思うこと

育児

思えば時間的余裕があった

第一子が産まれた時には「生かすも◯すも親次第」な緊迫した雰囲気の育児でした。
ただ、今にして思うと比較的子供の都合に合わせて動く事が可能でした。

育児雑誌

当時はいわゆるDQNネームが豊富に掲載されている育児雑誌と新聞社が発行している育児雑誌とがあったので後者を購読していました。

購読して1年を過ぎた頃に気付いたことが2つ。

去年の今頃見たような

どうやら毎年同時期に同じ特集をしています。
保育園や幼稚園、ママ友、嫁姑バトル…内容も特に代わり映えしません。

その設定は

いまでも憶えているのは誌面での対談形式の記事です。
さまざまな職業の匿名の人たちが対談形式で話を進めていくのですが、その記事の内容と、別の号の内容がほぼ同じでした。

例えばある号でIT企業に勤めるAさん(男性)が自身が経験している大家族の育児のエピソードを語っていたとして、別の号の特集で同内容の大家族エピソードをキャリアウーマンのB子さんがAさんと同じ目線で語っていたり(ちなみに内容は仮定です)。

それぞれを読めばなんとも思わない内容ですが続けて読むと「あれ?」と違和感が。

そんな感じで徐々に読むのをやめましたとさ。

そして現在

ある意味で信頼できる育児雑誌が無くなって育児書買いたいけどどれがいいか選ぶ時間も暇もなかなか取れないままに過ぎ行く今日この頃です。

おわり。

ある日の会話

夫婦
ある日夫が「僕が食事の後片付けや洗濯をしていると会社の人に言うと『共働きなの⁉︎』と聞かれるよ」と言いました。(妻は専業主婦)
妻は「夫に感謝している気持ち」を伝えようと思いましたが前にも全く同じ会話をした事と乳幼児達を絶賛育児中で機嫌や体調が良くなかったのでついカチンとなり「うるせー同じ立場にたってから言え」と思ってしまいました。

乳幼児の世話を実家や知人や冷食やテレビに出来るだけ頼らず弁当を毎朝作っている事はぐーたら生きていた妻にとっては変化です。
物理的に手が足りないので夫も帰宅後育児です。
私も家族も頑張ってるよねと思う毎日ですが(そう思わないとやってられない時もある)夫は「皆やってるんだから当たり前」であって「仕事の責任感やプレッシャーが無い分楽だろう」と言います。

妻は夫も疲れているんだなぁと思います。
夫は元々優しいので。

おわり。

抱っこ紐(2代目)はマンジュカにしました

レビュー

ビョルンの限界

新生児の頃からベビービョルン 【日本正規品保証付】 ベビーキャリア オリジナル シティネイビー 023051を愛用しているのですが(ベビーキャリアをご存知でしょうか - 芯が折れませんでした(仮)参照)、さすがにそろそろ肩と腰が限界を迎える様になり、新たなる抱っこ紐を検討する事になりました。

今回の条件としては

  • 製造国チェック
  • 腰ベルト有り
  • できるだけ長く使いたい
  • 抱っこもおんぶも可能な品
です。

エルゴと悩んだのですが、最終的にmanduca BlackLine 【正規代理店一年間保証付】 マンジュカブラックラインブルー ma-20-11-004に決めました。(下の画像です)

manduca new style 【正規代理店1年間保証付】 マンジュカ ニュースタイル ベビーキャリア サンド ma-02-10-sa


生後3.5Kgから20Kgまで使えます

インサートがついているので生後3.5Kgからオムツをつける感覚で使用する事ができます。
20Kgくらいまで使えるとの事なのでベビーカーより手軽に使えるのでないかと期待。

使った感想

良い点
  • 入れると子供が寝る
  • ベルトの微調整が出来る
腰ベルトがあるとこんなに楽なのか‼︎と思いました。
重さが肩と腰に分散される為らしい。

あまりに楽なので「まだまだ大丈夫〜」と余裕ぶって長時間装着しているとあとで腰にくる時があるので注意が必要です。

気になる点
  • 下腹部で腰ベルト装着→マンジュカをぐるりと回転させる為、焦ると装着に時間がかかる
  • 赤子の足を豪快に開かせる
  • 赤子のベストポジションがイマイチ不明。
説明書はありますが装着の仕方についてなので、赤子のベストポジションは手探りで検討する必要があります。

ベストポジションで使えるととても楽になる印象。

腰ベルトについて

腰ベルトは下腹部を目安にした方が良さげです。
赤子の額に自分の唇がふれるくらいの位置が良いらしい。

また、赤子の重みで腰ベルトが落ち気味になるので若干キツめに締めた方が良いです。
あまり締め付けキツくすると疲れるので程々に…。

おわり。